激太りをしたんです。

天気がいい日は外でジンギスカンが食べたいです。去年、よく仲間と集まってジンギスカン食べました。湖で水遊びをして、そのあとバーベキューやジンギスカンなどたくさん食べたのを覚えています。だけど結果的に太らなかったですね。あんだけ食べてよく太らなかったな~なんて感心するくらいです。調整していたからですよね。でも一時的に超絶に体が重くなって体重をはかったら三キロ太っていたことがあります。しかもそれがマラソン大会の日の朝ですよ?マックスに体が重い状態で四キロ走ったのでもう本当に地獄でした。血をはくかと思いました。でも根性で一度も止まらずに走ったんです。私には本当に偉業です。簡単に走っている人をみるとなんて健康的なんだと感動してしまいます。ムキムキの筋肉…素晴らしいです。私にはそんな体型にはなれません。これからもずっとポチャの人生です。できれば。もう5キロほど痩せて身軽になりたいです。太っているといいことないですからね。

最近の食事。

どうしよう…お腹がすいてしまいました。この時間は食べないと決めているのにとってもお腹がすきました 。

昨日あまり食べられなかったのでそのせいかもしれません。夜にたくさん食べると次の日体がむくんだり重くなるので好きじゃないんです。なのにどうしてもお腹が…飴を食べているんですが満たされません。

どうしても我慢できなかったのでヨーグルトを食べようと思います。もちろん低脂肪です。低脂肪のヨーグルトしか買いません。低脂肪って普通のヨーグルトの味に慣れている人からしたら全然美味しくないと思うんですがもうずっと食べているのでなれちゃいました。昔はブリーベリーパンを毎朝食べていたんですが最近は食べなくなりました。食べたいんですけどね。最近はシリアルです。シリアルって楽なんですよね。玄米系のやつが気に入って食べていたんですがすごく値上がりしてしまったので今は他のシリアルを食べています。めっちゃ安いんですが、美味しく食べています 笑

録画機の発熱で大慌て

私の自宅にはHDDレコーダーは勿体無いので1台も持っていないのですが代わりに録画機能が付いた地デジのチューナーを安く買ってそこにパソコンで使っていらなくなった外付けのHDDを接続して使っています。
自宅には台所とリビングと私の部屋の3台しかテレビはなく基本メインはリビングにある物なので録画機は1台で十分だと思いました。
安いチューナーだったので録画はできるのですが冷却機能が乏しいので録画中は本体は熱を持つので触ると熱いと感じるくらいまで発熱するようになります。
ただリビングにある液晶テレビのテレビラックの中に設置してあるのでその存在は薄く操作するのもリモコンなので実機は私がたまに掃除をしたりHDDのメンテをする時しか触りません。
ところが昨日母親がお昼のドラマの再放送を録画している最中にラック内に虫が入って行ったので追いかけるように手を伸ばしてしまい本体に触れてしまい発熱に気づいてしまいました。
すぐに母親は録画を停止して大きな声で私に火事になる早く来てと呼ばれました。
私は最初は何事かと思っていたのですが事情を知るとすぐに私は納得し母親に心配ない事を伝えました。
発熱しても正常だと最初は納得いかなかったのですがオーブントースターの熱よりは低い事を伝えるとようやく火事になるまではならない事に納得してくれました。
でも安い製品とは言え温度は確かに高くなりすぎるのでやはり冷却がしっかりとした機種に買い換えたほうが良いのかなと今回の件で思ってしまいました。

主人と一緒の趣味は誰にもいえず

主人が今お熱を上げているのは某アイドルグループの女の子です。
年甲斐もなく応援する姿に何かいいたくもなりますが私も人のことはいえません。
実は某アイドルグループにはまったのは主人だけでもなく私もなのです。
いい年こいたおばちゃんが若い子の衣装を着ながらダンスを踊る姿ってどう映るでしょう。
余計なことは考えずに日々のストレスを発散する方法として一番よいのです。
夫婦でも踊りを楽しめるとありどちらが上手に踊れるのか毎回競っているのでした。
新曲が出ればすかさず曲を見て振り付けを覚えるまでが勝負なのです。
時間との勝負なので主婦でもある私に軍配が上がることも多いのですが主人も負けてはいません。
電車の通勤時間やお昼休みなどに某アイドルグループの動画を見ながら必死に勉強しているのでした。
そんな変わり者の夫婦ですが夫婦仲もおかげでよくなりました。
会話など何一つなかったのに毎日のように推しメンについて語り合う夫婦。
いつまで続くのやらわかりませんが最高です。

借金を返済したお婆ちゃんについて

今日のテレビで、病気で亡くなられた息子と夫が残した1100万円の借金を1人のお婆ちゃんが返済したというシーンを見て、人間はやれば出来るという事を改めて思い知らされました。息子や夫が頑張って経営してきたお店の借金を抱えていたので、お婆ちゃんは決して自己破産をしないで、早朝から深夜まで毎日労働をして、コツコツと借金の返済に当てた事は素晴らしいと思います。生きているうちに夫と事前にお店をたたまない事を約束していたが、84歳にして約束を破らないで未だに夫が遺産として残したお店を経営しています。しかし、お婆ちゃんは足や手にタコができていて、途中で諦めそうなシーンもあったが、夫との約束を守るために手足の痛みを訴えながらも十数年間も早朝から深夜まで労働を頑張ってきました。最近の人はすぐに諦めてしまう傾向があって、後悔する人も多いです。自分の人生に後悔しないためにも、人間には底力があると信じて物事は最後までやり通すという意志を私は持ちました。

最近眠たくなる時間が早いかも知れません

やっぱり夏は普通にしているだけでも、体力を消耗するのでしょうか?
でもだいたいは家にいますし、昼過ぎにはエアコンを27度で入れますので、そんなに体力を消耗するとも思えないのですけどね。
冬は冬で体温を維持するためにカロリーが消費されやすくなるっていいますし、実際のところ夏と冬はどちらが消耗するのか…そもそもカロリーと体力はまた別の話なのか、考えるとよくわからなくなってきました。
まあ寝ているだけでもカロリーは消費されるけれど、体力は寝ていると回復されるのを考えるとやっぱり別物なのでしょうかね。

しかし冬はカロリー消費が増えるわりに、太る人が多いですよね。
たぶん知らず知らずのうちに食が太くなっていくのでしょう。
体はその分カロリーを摂取し、あわよくば防寒のために脂肪を溜め込もうともするでしょうからね。

逆に夏に痩せる人が多いのは、汗をいっぱい掻くだけではなく食欲が低下するケースが多いのも関係しているような気がします。

我が家の扇風機

7年ほど前に、以前使っていた扇風機が壊れ、買い替えすることになりました。
タワー型のおしゃれな扇風機にあこがれ、あまり高価ではないものでしたが、買うことにしました。
最初は、すっきりしていい感じだなと思っていたのですが、次第に不便なところや気になることが出てきました。
まずは、上下に動かないので、椅子に座っていたり、立ったりしていると風が感じにくい。
そして、開かないタイプの扇風機だったので、掃除ができない…。
タワー型でも、いいものはちゃんと上下首フリもできたり、掃除もしやすいんでしょうが、我が家のはダメでした。
さらに安定感がなくて、ときどき倒してしまうことがあったせいか、音がうるさくなり、なんだか
いいとこなしの扇風機なのですが、それがとうとう本当におかしくなってきました。
誰も触っていないのに、ピッピッといいながら勝手に首フリしたり、止まったり。
なんか怖いです。みんなで誰かいるんじゃないの~と心霊現象にして茶化してます。
夏ももうすぐ終わるけど、やっぱり買い替えた方がいいかなと思ってます。
タワー型はもうこりごりなので、普通の扇風機にしようと思います。

腰痛にはご注意を。

皆さんの中に腰痛を抱えていらっしゃる方々がいると思いますが、
そういう方は早々に病院に行くことをおすすめしたいです。

私はある時から椎間板ヘルニアを患ってしまい、激痛は未だ体験したことはないものの、
毎日腰にわずかな痛みがあるのでストレスが半端無く溜まっています・・・。
私の椎間板ヘルニアは、アルバイトで某運送会社で荷物等の仕分けをしていた時のことがきっかけでした。

アルバイトにも慣れ、仕事が楽しくなってきた時期のことでした。
いつもはアルバイトの先輩に頼っているばかりの私でしたが、
私に高校生の女の子の後輩ができたので、「できない仕事は頼ってね!」と言っていた矢先のことです。

いつもは20kgを超える重い荷物は先輩に任せ、私は小物を仕分ける、といった具合に仕事をしていたのですが、
その日はいつもより忙しく、先輩を頼っている暇などない状況だったので、
ついつい無理をして重い荷物を何個も積んでは運んだりをしていました。

そして、後輩の女の子に「すいません、これ持てないです・・・」と頼られ、
30kg程の荷物を任されたので、今ままで重い荷物持ってきたし大丈夫だろう、と思い・・・
それを持ち上げた瞬間に・・・私の腰に一瞬の違和感と痛みが。

その時は「あれ?気のせいかな?」なんて思い、特に問題もなかったので帰宅してしまいました。
しかし帰宅してから数時間後、立ち上がった瞬間にまた腰に痛みが走り、また足が痺れてしまい歩行困難になってしまいました。
親に助けを求め、すぐに病院に行って症状を説明すると「椎間板ヘルニアだね」と言われてしまいました。
レントゲンとMRIを撮り、椎間板が飛び出ているのが鮮明に映っていたのを見てショックを受けたことを今でも覚えています・・・。

そしてそれからは、薬と湿布で様子を見て、激痛でどうしても我慢できない時にしか手術の判断は下せないと言われてしまいました。
椎間板は神経の束が通っていて、簡単に手術できる部位ではないという理由で、手術は最終手段なのだそうです。
しかしそのままもう1年ほどたっていますが、まだその激痛は未だ起こらず、鈍痛だけが続く毎日です・・・。
バイトはもちろん悪化するのが怖くて、やめてしまいました。
いつか激痛になってしまうことと、なかなか痛みがとれないこと、自由に動き回れないことで、
今は莫大なストレスを抱えながら生活しているのがつらいです。

腰痛を抱えている皆さんも、椎間板ヘルニアだけには、気を付けて欲しいです。
なってしまったら、今までのような生活はできませんから・・・。
私もいつかちゃんとした治療に入り、完治してストレスから抜け出したいものです。

ペーパードライバーの本にAT車しか載っていない

世の中にはペーパードライバーの方はどれくらいいるのでしょうか。
頑張って自動車学校に通って免許を取ったはいいものの、なかなか乗る機会がなく、乗らないでいるうちに年月が経ってしまい、気が付くと怖くて運転できなくなっていたりします。

もちろん皆さん好きでそうなっているわけではないと思います。
車を買う予定だったのが様々な理由で買えなくなったり、免許を取ったもののやっぱり自分には運転は向いていないと思ったりなど、理由は人それぞれでしょう。

そこでそうした人たちのために、脱ペーパードライバーを目指して、運転のコツなどが優しく解説してある本などがあります。
本だけでは難しい部分はありますが、何も無いよりはマシでしょう。

しかしそうした本を見ていると、オヤと思うことがあります。
本の殆どはAT車しか解説していないのです。

確かに今発売されている殆どの車はAT車ですし、自動車学校の教習でもMT車の時間よりもAT車の時間のほうが長いです。
MT車に乗る機会は確かに減っているのですが、全く無いわけではありません。

社用車などは今でもMT車であることが少なくありませんし、荷物を積んで走るような車は殆どがMT車です。
ペーパードライバーだからといって最初に乗る車がAT車とは限りませんから、できれば解説本でもAT車、MT車両方共に解説してほしいと思いました。

楽しみのイベントに行こう

来週は近くのビール工場でイベントがあります。この数カ月まともに主人と遊びに行ったりする事がなかったので、このイベントに参加したいと話を持ちかけてみました。主人もすぐに「いいよ、どこにでも行くよ」と返事をしてくれデートの約束をする事ができました。

最近の予定といったら病院の診察の予約などしかなく、カレンダーはまるで空白のままです。ちょっと寂しいなと心の中でずっと思っていました。しかし約束をする事ができたので今は来週が待ち遠しくて仕方がありません。

工場見学ができ、もちろんビールの試飲もできるそうです。ご当地グルメの販売コーナーもあったりするらしくどれも魅力ある企画でいっぱいです。車の運転があるので私は残念ながらビールを飲む事はできませんが、それでもご当地グルメにはとても興味があります。

いつも私は大事な時にすぐに体の調子を崩してしまい、中止になってしまうこともあるので、こんなに楽しみにしている来週は是非元気に参加できるように今から体の調子を整えておくようにします。